【納得】バレエ体型が美しい訳3選‼他のメソッドでは絶対に得られない美の秘密☆

ballet

ども、CaffetteのChocoです。

バレエダンサーの体型って、すこぶる美しいですよね~
なにか、特別に美しすぎません???
なぜ美しいのか…

バレエをしていない人で均整のとれた美しい体型の人がいても、バレエをしている人の体型の美しさとは一目違うとおもいます!

私は女優さんやタレントさんなんかで綺麗とされている方中でも、バレエ経験者か、バレエ未経験者かなのかの見分けが、ほぼほぼ出来ます🤔

背筋がピーンと伸びてて姿勢が良いと思う!

なるほど、御もっとも‼
ですが、理由はそれだけではないんですよね~
あまり気が付かれていない、最も重要な理由があるのです!!!

だから、あの美しさは他のメソッドでは絶対に得られない、という事なのです。

へ~
バレエにそんな特別な要素があるんだ!!!

この記事では、バレエ体型の美しさの秘密3選を共有したいと思います✨

**********************************************


バレエ体形の美しさの秘密☆ 

私がバレエを始めたのは35歳。
私のお師匠はそれはそれはお美しく、私は勝手に「バレエ界の吉永小百合」と銘打っておりました (笑)

見た目もお若く、実際は9つ年上なのに年齢を知るまで、私よりお若いのかなぁって思っていた程でした。

目の前の先生のお美しさは見た事のない気品を帯びた美しさでした。
なんなんだろうこのこの美しさは???
と、不思議に思っていました。

けれど、理由はちゃんとあったのです!!!

肩・デコルテラインの曲線美

まずはデコルテラン!
いつも両腕を張り続けて使っているので,デコルテの脂肪がなく鎖骨が浮き出ています!
めちゃめちゃ美しい~!

そして踊る時はいつも、耳の後ろを自ら引っ張っり続けているので首も長く、顔周りがすっきりほっそりとしたフォルムになるのです!

不思議ですよね~😱
私たちは人のカラダの造形を、遺伝子なんかで決め付けがちですが、カラダは使い方一つで大きく変わるものなのです。

首の長さが美の基準とした事で有名な、アジアのカレン族…
ほんとに首って長くなるんです!

バレエを大人から始めた私でさえ、体型が劇的に変化してきたのです!!!

そしてバレエをする時の肩はと言うと…

肩甲骨をぐっと下に引っ張ってから固定した状態をなるべく保った状態でおどるのです。
ですので、肩のラインがすとんと下にさがるのです。

胸回りも肩甲骨を左右に引っ張った状態ですので、恒に丸みが保たれているのです。

ですので、デコルテラインは非常に引き締まった筋肉でありながら、丸みを帯びた美しさラインをしていると言う訳なのです💗

カラダのアライメントが直線的に集まっている

バレエをしている人は姿勢が良いとよく言われます。
でも、単に背筋を伸ばしている訳ではないのです!

これは、カラダのアライメントつまり湾曲を出来るだけ少なくする為に、体幹を一直線上に集めているのです。

アライメントが湾曲していると、重心がぶれてターンに乱れが生じます。

出来るだけ湾曲は少なく…
イコール、ボディの重心を上へ引き上げる必要があるのです。

ボディが引き上げられれば、物理的にもエストは細くなります!
その為バレエ体型は、ウエストも細く薄いという利点も兼ね揃えているのです。

筋肉の質

「筋肉の質」これこそが、美しさを生み出す最大の理由だと思います!

下の2つの比較画像をご覧ください。

ほとんどのスポーツやダンス系の運動では、縮める事で筋肉が付いていきます。
縮める筋肉は太く膨れていくのです。

それに対しバレエでは、筋肉は伸ばしながら付いていくのです。
常に、手の指の先端から足の指の先端まで伸ばし続けて踊るのです。

ですから、筋肉の質は自重をコントロール出来るだけの強さが有りながら、細くてしなやかな質感となる訳です!

一生懸命ジムでトレーニングをし、体型が美しくなっても、筋肉の質感が膨れていたら、今流行りのカレンで華奢見せなフォルムにはならないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか…
バレエで造り上げられたボディは、格別な美しさを放っています。

バレエではカラダや筋肉を、常に伸ばし続けているって、あまり知られていないですよね…

私はバレエを35歳で始めたので、最初は縮めてしかカラダを使う事が出来ませんでした。
バレエを始めたころは、スイミングもしていたので、カラダを伸ばすって事の重要性は直ぐに感じ取れましたが、水の中では実践し易いのですが、陸ではなかなか出来ませんでした 笑

なので、スイミングはやめてバレエに専念する事にしたのです。

バレエで鍛えられるカラダ…
途轍もなく綺麗です💕

コメント